巻き爪

Pedi ITNとは?

問題性足(手、足の爪の)予防管理専門店
Ingrown toe nail

PediはFoot Careを示しITNはIngrown Toe Nailの略です。



Pedi ITN Alleviating Systemとは?

Alleviating Systemは、長年の研究の結果として誕生した問題性手、足予防技術の名前です。
この技術は、手、足の爪の本来の理想的な状態を復元することを目的に行われます。
問題性手、爪の成長の原因を予防、管理することで、手、爪本来の美しさと機能を回復するために役立つことがPedi ITN Alleviating Systemの技術です。
私たちの体の小さな部位に過ぎないが、非常に中の役割をする手、爪の機能を行うことができるよう支援する予防管理の安全美容管理手法です。



Pedi ITN Alleviating System
  • 器具を使用しない手技の無痛ケアシステムです。
  • 一度に大幅な補正が可能で、ストレス解消の効果と一層きれいになった爪を持つことができようになります。
  • 体系的に爪本来の役割と足の美しさを回復するように支援します。
    – Pedi ITN Alleviating Systemは、皮膚の毀損などのリスクを伴わないと判断した陥入爪の状態を予防管理をしています。
  • Pedi ITN Alleviating Systemは、皮膚毀損などのリスクが伴っていないと判断した状態の陥入爪だけの補正ケアを目的とし、皮膚組織などの毀損リスクが高いと判断される場合
    (例えば、 -炎症があったり重い場合には、組織検査が必要な場合には、メラニン細胞が癌細胞に変わり、鳥瞰周りが黒く変わった場合には、ジョガプし腫瘍によって爪が分かれた場合には、事故や大きな損傷によってジョガプの変形がある場合には、腫瘍の疑いがある場合)などの状況では、「医療機関での診察と治療」をご案内しています。


内向性/水虫爪について

陥入爪の疾患(Ingrowing nail)、爪甲嵌入(ジョガプガムイプ)とは?

よく見る爪の疾患で、主に親指の爪に発生するが、
爪が購入の中に掘り下げて、炎症や痛みが発生する疾患で、ジョガプガムイプとも呼ばれます。

内向性/水虫爪について

多くの方が取るに足りないと考えて、治療せずに放置して陥入爪が進行する場合、足の痛みでさらに腰痛、肩の痛みなどが誘発される可能性があるため、発見時に早急な治療が必要です。厳密に言えば爪周囲の肉が大きく腫れ、爪と触れて、ここに炎症が生じ陥入爪(内向性ジョガプ症)の疾患が重症に変化します。



爪の主要成分

爪と爪を合し(ジョガプ)とも呼ばれます。
ジョガプは常に危険にさらされているつま先を保護します。ジョガプの本体は、通常、皮膚の角質層が変形されたものでケラチン(Keratin)という固体物質で構成されています。
爪は毎日0.1~0.2mm程度ずつ育ってきます。したがって、約3ヶ月であれば、新しい爪が生じるという話になります。しかし、数足部白癬の場合は3倍以上遅く育つことが明らかになりました。

爪は皮膚組織中の表皮の角質層とツミョンチュンが変化した、血管や神経が分布していない組織です。
下には気末梢と毛細血管が多く分布しており、7~12%程度の水分を含有しています。ケラチンという繊維タンパク質(炭素、酸素、窒素、硫黄、水素)で構成されています。

ケラチン(Keratin)は、水とすべての中性溶媒に溶けません。
またペプシン、申リツ新などのタンパク質分解酵素の作用をよく受けないが、硫化ナトリウム(除毛剤)、チオグリコール酸(パーマネントウェーブ約)、過酸化水素アルカリなどには約です。

内方性爪・爪甲嵌入(そうこうかんにゅう)タイプ別形態
「ㄱ」字形    「ㄷ」字形
「C」字カーブ形  ホチキス形
深爪(短い爪)形   多汗症形
片側          両側

Care過程と矯正費用の理解
上記内容のように総6種類の区分と名称があり、レベルも(軽度・中等度・重度)と表記致しました。
又、片側・両側の場合があり、難易度(時間と比例)により費用又はケア方法が決まります。



陥入爪の原因

爪が爪の外側の肉を継続的に押されるすべての状況が誘導要因になることがあります。
特に爪切りで爪の外側を深く削れば、ややもする歳の中に隠れた切り捨てられていない爪の破片が購入の中を掘ることができ、爪水虫を長く放置して爪の形が変形した場合には、
タイトな締め付け靴を長時間履き、つま先の骨が飛び出した場合は、内部の圧力の増加によりよく発生し、肥満や老化が進むにつれて爪が自然に屈曲がひどくなる場合などに発生します。
そして、家族がこの病気にかかった場合、他の家族も、よりよく起こる傾向があっ遺伝的な要因も影響が相当するだろうと思われます。

陥入爪の原因

1.不適切爪の管理  2.爪水虫による  3.爪切り
4.とても細く、高ハイヒール、または通気性のない靴の長時間の着用
5.特異な足の形-特に長いつま先、足の指の骨が飛び出した場合
6.遺伝  7.高齢化と肥満と糖尿病  8.乾燥と水分程度



陥入爪の症状

陥入爪の症状

初期症状—-足の親指の外側、内側が少し赤くなり、腫れ、軽度の痛みが表示されます。
中期以降—-摩擦が激しくなるほど入れ粘液が出て爪周りが悪化していきます。
この程度進むと、においもひどく出て痛みがシミ海底正常に歩行が困難になります
また、爪が簡単に壊れたり曲がって変色することがあります。



変化推移

本来足爪は手に比べ成長スピードが3倍遅いです。手爪は6か月足爪の場合は最長18か月にもかかる場合がございます。水虫を伴う場合より治療が遅れます。間違った習慣の改善・遺伝的再発を最大限に遅延させることが望ましいので、治癒には慎重に取り掛かる必要があります。

美容的な観点からしても初期の段階で異常が確認された場合、早めの相談とケアを進めなければなりません。
最長6か月のケアは、治療後に重症化するのを予防したり、根本的に爪の機能を回復させ、美しさに自信を持てるようにします。

変化推移

来店時 ⇒ 1回目の施術15分後 ⇒ 3週間後 ⇒ 6週間後 ⇒ 2ヶ月後 ⇒ 5か月後 ⇒ 8か月後 ⇒ 
10か月後 ⇒ 1年後



Foot Care 一定遵守の必要性

Pedi iTN Alleviating System技術は皮膚の毀損などの危険が伴う事はございません。
システム化された長年のノウハウで、時間が経過するとケアシステムにより足の美しさと共に足本来の機能を最上級に引き上げ、再発の極小化を実現出来ます。



Q&A

1.巻き爪は一次管理だけでも可能ですか?

一次矯正の際、爪がどんな形態で皮膚にめり込まれているかの可否、爪と皮膚が分離される区間の長さを確認し、矯正回数を正確にご案内致します。


2.再発はありますか?

巻き爪は先天的・後天的な要因に分かれます。先天的(家族歴)な場合、痛みを感じる度に定期的な管理をおすすめ致します。後天的な場合は矯正後、こまめなケアにより再発要因を最小化できます。


3.矯正時痛みはありますか?

Pedi iTN矯正方法は無痛矯正でございます。
個人の感想に多少の差はございますが、手に刺さったトゲを抜く程度です。


4.矯正後日常生活は可能ですか?

医療機関での治療方法にはK-D手術、sterling(スターリング)治療、爪根除去手術、爪を抜く手術などがございます。巻き爪手術の原理は皮膚内に刺さった爪が摩擦を起こし、痛みを誘発させる爪と皮膚を分離させる方法です。手術後一週間ほどは爪に包帯を巻き、痛みを伴います。Pedi iTN Alleviating Systemは皮膚と爪を分離させ、即時に痛みが消えるので、矯正直後に日常生活が可能という利点がございます。
※炎症が酷い場合は医者の処方による治療をおすすめします。


5.巻き爪矯正後ペティキュアを受けられますか?

矯正中には食い込まれた爪を分離させ、進行を止め、しっかり固定された状態なので、ジェルネイルやネイルなどで管理が可能です。矯正後には自然と生えた爪にジェルネイルやネイルなどを使用しますと、科学成分による収縮現象がおき、再発の原因になりますので、自然な状態を維持するのが望ましいです。


6.巻き爪矯正費用は?

爪の状態により様々です。爪と皮膚が分離される区間が無い場合VAT含め55,000~77,000ウォン(ユリティ)です。
ユリティとは痛みで爪を伸ばせない方々に痛みなく生えるようにお助けできるシステムです。爪と皮膚が分離される区間がある場合、片足の爪を基準にVAT含め143,000ウォンです。
但し、水虫、炎症、巻き爪の場合難易度のよる追加費用が発生する場合がございます。

※各店舗により多少異なります。



爪(足/手)ケア後の案内事項

1.矯正後怠さを感じる場合

「C」型に湾曲していた爪の上に強制的に固形剤を塗り固める施術なので、怠さを感じる場合がございます。怠さに関しては矯正される過程でございますので、ご安心ください。
個人の感想によりますが、2~7日程症状が現れる場合がございます。

2.爪を切る場合

爪の上に塗っている固形剤はとても硬いので、爪切りでの切断は爪が割れる場合がございます。爪の長さ調整を希望される方はネイル専用ファイルをご使用ください。

3.カビ菌が爪に発生した場合

直ちに電話もしくは訪問でご相談ください。
※湿った環境でカビ菌は発生し易いです。
(夏の梅雨時期の湿った環境/水に頻繁に触れるが、充分に乾かせなかった場合/長時間通気性の悪いシューズ着用など)

4.過度な足使用の場合

強い衝撃が加わると爪の損傷を起こす場合がございます。
硬い固形剤を使用しておりますので、蹴りや激しい運動を避け30分以上水に足を浸けないでください。

5.事後管理・ホームケア

爪が刺さっていた刺傷にはこまめに不純物の除去ケアを行う事で、2週間後には綺麗な組織が形成されます。朝晩の洗浄後ドライヤなどで水分を充分に乾かし、不純物除去をお願い致します。

6.内方性水虫爪(陥入爪)の場合

必ず医療機関に来院し、医者の処方と共にケアを併行します。

7.注意・観察

爪の先が固形剤と分離されると矯正の効果が落ちるので早めの再来店をおすすめします。